時計仕掛けのレイライン

84点

No.38

三部作合算評価です。
久々に面白いゲームプレイできた。

●シナリオ
謎の魔術学園に転入するぜ、から始まる物語。
良くできたミステリーものだと感じた。
特に二部作目が色々と謎が解かれる面白さがあって好きだった。
作品としての終わり方も結構好きだったのも良し。
ただ僕は選択肢ゲーそんなに好きではないのでそこがめんどくさい感はあったけどミステリー物だし好みの問題だししょうがない。
伏線回収もしっかりされていて完成度高いと感じた。
・・・というくらいでここではあまり語れないのでプレイしてみてくださいとしか()。

●キャラクター
良かった。
憂緒とアーデルハイトが特に好きだった。
憂緒はプレイしていれば多くの人は好きになると思うしCV.森谷実園様だからね。
アーデルハイトは、まあ、胸が大きいので、はい。
完成度高いゲームは登場人物の多くがしっかり設定やら役割持ってるところが良い。
女性キャラだけでなく男性キャラも良かった。

●曲
まあまあ。

●Hシーン
なかなか良かった。
シチュエーションが良かったというよりはやっぱりキャラの良さが大きいかなぁ。
憂緒のHシーンは大体良かった。
やっぱりキャラがいいからね。そこがでかい。
特に身体検査が好きでした。



冒頭で書いた通り久々に面白いゲームをプレイできて嬉しかった。
万人受けするゲームだと思うし興味ある方は是非プレイしてみてください。
あとCV.萌花ちょこ様います。

※画像の著作権はユニゾンシフト様に帰属します。(C)ユニゾンシフト

0 Comments

Post a comment