花咲ワークスプリング!

80点

No.41

「桜の木の下で、立ち止まらないこと」
結構好きだった。面白かったとはちょっと違うかも。

●シナリオ
割と普通というか、奇をてらった感じではない印象を受けた。
言ってしまえばここが凄く良かった!といった点は特になかったかもしれない。
しいて言えば柑南√の1シーンが良かった(メインヒロインじゃないんだけど)。
全体的にそこそこ良い出来で期待通りの出来だった、といった感想。
全体としてお話もまとまってた点も良かったと思う。

●キャラクター
結構良かった。
みんな結構好きだったんだけど、挙げるならやっぱりののかかなぁ(メインヒロインじゃないんだけど)。
親友枠のアクターも親友枠の名に恥じないめちゃくちゃ良いやつで良かった。
キャラクターたちを魅力的に感じた点がこの作品に対して愛着が湧いてる理由の1つだと思う。

●曲
良かった。
OP曲とグランドED曲が好きだった。特にグランド。
ED曲がいいと読了の余韻が強くていいね。
キャラクターに加えて曲が良かった点も愛着が湧いてる理由だと思う。

●Hシーン
まあまあ。
大体スタンダードな感じだったと思う。
個人的にきたって感じるシーンはなかったかなぁ。


前作があれだったからかスタンダードな作品に仕上げてある印象。
それにしても80点という評価は高くない?といった感はあるかもしれないが、
「個人的には」良かったと思う部分が強かったのでといった感じ。
愛着抜かして考えたら79点かなぁ(あおち評価で79点と80点の差は大きい)。
キャラゲーと呼べる作品かもしれないが、Trueも短めだがあることで「作品としての物語がまとまってるキャラゲー」の方が適切に感じる。
興味があればプレイしてみてください。

0 Comments

Post a comment