ハミダシクリエイティブ

77点



期待してたレベルで楽しむことができました。

ヒロインが声優だったり絵師だったりVtuberだったり作家だったり、そんな有名ヒロインたちとの学園生活etc。

●シナリオ
評価:★★★★★★★★★★
まどそふと作品なのでお話はそこまで重たくないです。
なのでシナリオに関してはとても良かった!と思うほどの感想はないのですが、妹の妃愛(ひより)の話が一番好きでした。
ただ、別の観点で印象に残ったのは詩桜(しお)先輩√でした。
どういう意味かと言いますと、あるシーンでの妃愛の演技が素敵で印象的でした。
プレイ済みの方なら、ああ、あのシーンかと想像つくと思いますが。
妃愛は声優をしているキャラなのでちょくちょくキャラクターの演技をする場面があるのですが、それをしっかり演じ切るところ、加えて上記で述べたシーンもありで、声優様の柳ひとみ様は凄いなぁと改めて感心しました。
シナリオ関係ないような話ですまない。

●キャラクター
評価:★★★★★★★★★★
さすが、といった感じでみんなとても魅力的でした。
華乃が完全に僕の好みに寄ったキャラなので一番好きでした。
ツンデレっぽい感じですね。
そして胸がでかい。
妃愛が一番人気な気がしてるけどどうなんでしょう。
というのも上述の演技力もあって特に魅力に溢れてたヒロインだったように思います。
あすみと詩桜先輩もハマりはしなかったものの良いヒロインでした。

●曲
評価:★★★★★★★★★★
主題歌の『Unreal Creation!』は結構好きです。
BGMに関しては特に好きな曲はなかったです。
ED曲に関してもどれも良かったと思います。
こうしたTrue√などのない作品では各ヒロインでED変えて欲しいというのが個人的希望なので、各ヒロイン用にED曲用意してくれているのは評価高いですね。
ただ少し話ずれますがゲーム内の音楽鑑賞でボーカル曲聴けないのなんとかしてほしいかなぁと。
フルはあれなのだとしてもショートverとかで気軽に聴きたいので。

●Hシーン
評価:★★★★★★★★★★
華乃がとても良かったです。
全ヒロインの中でも一番スケベでした。
付き合いだしてからHの快楽に溺れていくヒロインはやはり良いですね。
ただ、描写というかCGの差分が少し足りない部分があったことが残念かなぁとは思いました。
華乃以外でいうと詩桜先輩のエピローグでのシーン(4シーン目)でしょうか。
普段主人公にマウント取ってるタイプが逆に取られるのはエロさがあって良いですね。
特段良かったと思ったのはこれくらいでしょうか。
もっと華乃のシーンが見たかったのでファンディスクとか期待したいです。
安定のまどそふと作品、といった感じだったと思います。
現実で声優だったりVtuberとかがこうした展開になってたらつらい
ヒロインが魅力的なので好きになれそうなヒロインがいたら購入してみては。

0 Comments

Post a comment