同級生リメイク

76点



点数はまったく参考になりません。
●本作について
昔の作品のリメイク、ということで色々と昔ながらのゲーム仕様になっています。
どのヒロインのお話を読み進めるか、というよりかは多数いるヒロインの誰とくっつくか、を目的に据えた感じでしょうか。
多数の選択肢によってヒロインの好感度を上げるとそのヒロインのEDへ到達できます。
あとはマップ移動が可能であり、町のいろんなところを散策できます。
これらの感じが「昔っぽいなぁ」と個人的に思う仕様ですね。
これが合う合わない人で本作への評価が大きく変わる気がします。
自分は正直合わない人なのですが、本作はイージーモードというものがあり、どの選択肢を選べばヒロインの好感度が上がるかがわかるようにできます。
また、目的のヒロインの次の好感度イベントまでジャンプすることも可能です。
このように本作のメインシステムが合わない人に対する救済策を設けているのは評価したいです。

●シナリオ
評価:★★★★★★★★★★
冒頭に述べたように、物語を楽しむゲームというようには感じなかった。
どちらかというと共通√を楽しむ感覚でしょうか。
各ヒロインとの好感度イベントはあるものの、最後にEDを迎えられる瞬間がちょっと唐突に感じてしまう・・・。
そんな付き合おうと思えるほど何かあったか・・・?といったような・・・。
自分はヒロインと付き合うまでの過程を楽しみにエロゲをプレイしている部分が強いのでそう感じてしまうのかもしれないです。

●キャラクター
評価:★★★★★★★★★★
特に好きなキャラはいなかったが、しいていえば美沙、ひろみ、夏子さんが好きだったかな。
美沙に関しては上で述べたシナリオの部分をもっと長いストーリーで読んでみたかったなぁと思う。
本作は男キャラも結構いるが、割と性格的にクソなキャラが多かったと思う。
そんなクソな男でもモテてるところが現実的だったと思います。
そのクソな男キャラと出会うとしっかりお話するまで逃がしてくれないので注意です。

●曲
評価:★★★★★★★★★★
特に好きな曲はなかったかなぁ。
ED曲は本作にもマッチしててかつ良い曲で良かったと思います。

●Hシーン
評価:★★★★★★★★★★
ヒロインが多い分、各ヒロイン1シーン程になってしまっていたのが少々残念。
夏子さんのおっぱいは神。

合う合わないがはっきり分かれると思う作品。
昔ながらの手探りでヒロイン攻略を狙う感覚を現代のゲームで味わいたい方におすすめです。

0 Comments

Post a comment